ラ・デファンス

【地元民の最新情報】2019年ラ・デファンス観光の見どころや治安を解説

パリ市から西側郊外にあるラ・デファンス(La Défense)はとっても便利な街です。

歴史的な建築物がほとんど無いので好みは分かれますが、お買い物をするならラ・デファンスがオススメ!

巨大なショッピングセンターはパリ周辺では最も大きく、とても一日では見回れないほど!

日本未上陸のブランドも多数入っているので、パリでお買い物したい方にはオススメの観光スポットです♪

ラ・デファンス 観光見どころ

新凱旋門(グランダルシュ)

photovicky / Pixabay

歴史的なエトワール凱旋門とは異なり、門のような形をした高層ビル。

1989年8月に完成したのでちょうど2019年8月でちょうど30周年ですね!

ルーブル美術館のあるチュイルリー庭園のカルーゼル凱旋門、シャルル・ド・ゴール広場にある凱旋門とつなげると真っ直ぐに見えるのが特徴的。

ショッピングセンター「レ・キャトル・タン」

パリ周辺の商業施設のなかでも随一の規模を誇る「レ・キャトル・タン(Les Quatres Temps)」。

年間の来客数はフランス内1位の4,600万人を誇ります。

ファッションブティックや雑貨だけでなく、家電製品店、家具屋などのショップが全218店も!

テイクアウトの飲食店や、カフェ・レストランも豊富なので一日いても困ることはありません。

詳しく言うと、「レ・キャトル・タン(Les Quatres Temps)」側と「新産業技術センター(CNIT)」側の2種類があって、ショップが多いのはレ・キャトル・タンのほうです。

気になる治安は?

基本的に治安は良いです。

ラ・デファンスにはフランス経済を引っ張る大企業のオフィスビルが立ち並んでいるので、平日の昼間はサラリーマンやOLでいっぱい。

週末になるとほとんどのオフィスは閉まるので、デパートへ買い物に来るパリジャン・パリジェンヌや家族連れで賑わいます。

もちろん日本と同じような治安の良さではないので、ショッピングセンターで荷物を放置してトイレに行ったりするのは厳禁です!

強盗はあまり聞きませんが、スリや置き引きはどこにでもいるので注意しましょう。

ラ・デファンス 基本情報

ラ・デファンスの場所

ラ・デファンスはパリ市内から北西に位置する郊外の都市再開発地区です。

ラ・デファンスへの行き方

メトロ・RER駅名:ラ・デファンス=グランダルシュ(La Défense - Grande 」Arche)」駅

パリ市内から行く場合

  • メトロ(Métro):赤い色の1号線で「ラ・デファンス=グランダルシュ駅(La Défense - Grande 」Arche)」下車。
    凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール=エトワール駅(Charles de Gaulle - Étoile)駅から約10分。
  • RER(首都圏高速鉄道):赤いA線で「ラ・デファンス=グランダルシュ駅(La Défense - Grande 」Arche)」下車。
    シャルル・ド・ゴール=エトワール駅(Charles de Gaulle - Étoile)駅からの乗車時間は4分。

シャルル・ド・ゴール国際空港から行く場合

  • メトロ(Métro):空港から出ている「ル・ビュス・ディレクト(Le bus direct・旧エールフランスバス)」2番線でポルトマイヨー駅(Porte Maillot)下車。
    そこから4分ほど歩き、黄色いメトロ1号線「ヌイイ・ポルトマイヨー駅(Neuilly Porte Maillot)」(ラ・デファンス(La Défense)方面)から「ラ・デファンス駅(La Défense)下車。約1時間。
  • RER(首都圏高速鉄道):青いB線で「シャトレ・レアル駅(Châtelet - Les Halles)」で赤いA線(方面はサン・ジェルマン・アン・レー(St Germain en Laye))行きに乗り換えて約1時間で到着。
  • タクシー:空港からラ・デファンスへのタクシー料金は約60€(ユーロ)が一般的。

 

スポンサーリンク

-ラ・デファンス
-,

Copyright© fragoreine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.