観光

【2019-2020】パリ在住者が解説!冬のパリ気温に合わせたコーディネイト・服装は?

在パリ5年目の私も、冬のパリはロマンチックで毎年楽しみな季節です。

なんといっても、

  • クリスマスマーケット
  • シャンゼリゼ通りなどのイルミネーション
  • 新年カウントダウン
  • 年明けからセール(ソルド)も開始

冬のパリにはこれだけのイベントがあります。

・・・が、めちゃくちゃ寒いです!!

2018年2月パリで大雪が降った時は、モンマルトルの丘でスキー&スノボをする人が続出したほど。

冬のパリ、油断は禁物です。

旅行に来て風邪をひいてしまってはもったいない!

そこでパリ在住5年の筆者が、冬のパリを観光するにあたって注意すべき点や、

気温に合わせた服装コーディネイト例持って行くべきお役立ちグッズをご紹介します。

冬のパリ旅行対策

パリの平均気温|12月・1月・2月

12月: 8° / 4°/ 降雨日数 9日

1月:8° / 3°/ 降雨日数  9日

2月:9° / 3° / 降雨日数   8日

※あくまで平均です。

真冬のパリの体感温度は、平均5度ですね。

とくに、3日に1度は雨が降りますので、その前後は相当冷え込みます。

一日の気温変化

12月:一日の温度変化

朝(6時~9時頃)寒く、地面は凍る。

午前中(9時半~12時頃)晴れれば暖かいが、基本的に寒い。

午後(13時~15時)日差しがある場所は暖かい。

夕方(16時~18時)日没し始め、あたりが暗くなり冷え込む。

夜(19時~21時)屋外はコート+帽子+手袋+ブーツにカイロを推奨。

深夜(22時~24時)屋外はカイロにダウンコート、ロングブーツでしっかり防寒を!

1月:一日の温度変化

朝(6時~9時頃)8時頃まで暗い。道路や車が凍る。

午前中(9時半~12時頃)寒くどんよりした空。屋外はしっかり防寒を!

午後(13時~15時)晴れの日は稀。屋外はコート脱げません。

夕方(16時~18時)日没が始まり、あっという間に暗くなる。

夜(19時~21時)太陽が沈むと、道が凍る日も。

深夜(22時~24時)屋外の地面は凍結することが多く、歩行する際は転倒に注意。

2月:一日の温度変化

朝(6時~9時頃)日の出が次第に早まってくる。

午前中(9時半~12時頃)晴れの日は気持ちの良い快晴も増える。

午後(13時~15時)2月後半で快晴の日ならコート不要。

夕方(16時~18時)日没が遅くなり体感温度が上がる。

夜(19時~21時)屋外はコート+帽子+手袋+ブーツにカイロを推奨。

深夜(22時~24時)屋外は寒い。しっかり防寒を。

みんなの服装は?冬のパリのファッションを男女別に紹介

12月のパリの服装

クリスマス時期に観光するなら、ダウンコートと手袋はしっかり着用しておきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Madisonさん(@madisonexplores)がシェアした投稿 -

屋外にいるときは、耳が隠れる帽子の着用をおすすめします!

盲点なんですが、耳がちぎれるほど寒い日も・・・。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hanako Kuzuuさん(@hanakokuzuu)がシェアした投稿 -

下の画像は、バトー・ムーシュのようなセーヌ川クルーズ船上のクリスマスディナーでのようです。

クルーズ船やレストランのテラス席は、設置型のヒーター(暖房)を入れてくれることが多いですよ。

女性の方は薄着のオシャレもできますので、冬だからといってお気に入りの服を諦めなくても大丈夫です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Caitlin Durandさん(@caitsullyd)がシェアした投稿 -

1月のパリの服装

下の写真は1月2日付。

新年の乾杯をセーヌ川クルーズ船で迎える観光客も多いです。

オシャレをして新年のお祝いができるよう、屋外でもお店はたいてい暖房が完備されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sofia Couto Da Rochaさん(@sofiacoutodarocha)がシェアした投稿 -

1月のパリ市内観光なら、下の写真が参考になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eva Moreinoさん(@evamoreino)がシェアした投稿 -

観光スポットへのお出かけなら、帽子や手袋は欠かさないように!

凍っていることもある石畳、歩きやすい平たい靴やブーツがおすすめ。

この投稿をInstagramで見る

 

Carmen Carral Carralさん(@carmencarralcarral)がシェアした投稿 -

男性も長めのコートを着ておいたほうが安心です。

ニット帽やマフラーにスマホも触れる手袋があると、旅行も快適ですよ。

2月のパリの服装

長かった冬も終わりに近づく2月は、日差しが春めいてくるのが特徴。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tony Greengrassさん(@tonygreengrass)がシェアした投稿 -

上記の画像は2月下旬、晴れの日であれば日差しが暖かい日も増えてきます。

曇りの日は相変わらず寒いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aᴍʀᴜᴛᴀさん(@amy.insta.feed)がシェアした投稿 -

内側に分厚いボアのあるモッズコートやダウンコートなら、

エッフェル塔などの観光地に行っても派手すぎず、スリに狙われやすくないのでおすすめ。

【通学】東京でおすすめのフランス語教室は?目的別に紹介!

続きを見る

まとめ:パリの冬を乗り切るグッズを準備しよう

冬のパリは本気で寒いです!

準備不足では体調を崩してしまい、観光どころではなくなってしまうかも・・。

防寒準備をカンペキにして、パリの冬を存分に堪能してくださいね!

フランス旅行持ち物女性春夏秋冬
【春夏秋冬別】フランス旅行で便利な持ち物を紹介<女性編>

続きを見る

スポンサーリンク

-観光
-, , ,

Copyright© fragoreine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.