8/22日(日)22時迄!ECCオンラインレッスン料3ヵ月間20%オフ

フランス語で日記を書くメリットと初心者でも出来る書き方

フランス語,手帳,勉強,記入,書く

フランス語の語学力を上げるのに有効な手段として、フランス語で日記をつけるというものがあります。

フランス人との会話も日記があると話題に困らなくなるのでとても心強いんです!

この記事では、フランス語で日記を書くメリットと、書き方のステップを超かんたんにできる方法からご紹介します。

目次

フランス語で日記を書くという勉強法のメリット

フランス語で日記をつけることは、楽しみながらフランス語と格闘する機会になります。

まず、日々の事柄をフランス語にしていくので、使える語彙が増えていきますよね。

いきなりフランス人の先生から「昨日何してたの?」と聞かれるとして・・・。

日記にフランス語でアウトプットする習慣があると、フランス語で考えるクセがついてくるのでパッと返事ができるようになります。

手帳に日記をつけていれば、手帳は日々持ち歩いて目を通す機会が多いもの。

自然とフランス語に接する機会が多くなるのもポイントですね。

いままで手帳をつけたり日記をつける習慣が無かった方は、まずシンプルな手帳を購入して、週間カレンダーや月間カレンダーに用事やメモを記入していくと負担がなくていいと思います。

さて、ではいったいどうやってフランス語で手帳を書くの?ということ。

はじめは背伸びしなくてOKです!

英語で5W1Hってありましたよね。

いつ・どこで・誰と・何を・・というやつです。

まずはここからスタートしましょう。

【初心者OK】フランス語で日記を書く方法とステップ

フランス語で日記を書く、というとちょっとむずかしいのでは?

と思いますよね。

はじめは無理せず、単語からスタートしましょう!

STEP1. まずは単語ひとつをフランス語に

はじめ私は、特になにも考えず、

「食べたもの」

「飲んだもの」

「買ったもの」

だけをフランス語で記入していました。

例えば、「une baguette」とか、「deux chocolats」、「une robe 3000yen」のようにです。

もちろん付け忘れた日もあって(笑)、そんなゆるい感じからスタートしました。

ひと通り食べたものをフランス語で記入できるようになってくると、もう少しフランス語で手帳を埋めたい気分になったんですよね。

そこで、そのとき道しるべとして購入していたのが、この本 『フランス語で日記をつけよう』です。

目次を見ていただくと分かるのですが、はじめは「à faireリスト=やることリスト」など、フランス語の単語を少しずつ書くことから始めましょうというスタンスで、徐々にフランス語を多用していくように指導しています。

「勉強!」というより、楽しみながらフランス語を日常に取り入れるという感じですね。

とくに、この「à faireリスト(やることリスト)」は初級者のかたでも書けるので、すごく実用的!

学生さんのタスクといえば、宿題やサークル・アルバイト。

社会人なら仕事。

主婦なら家事や育児のTO DO リストを書けばいいので、「何書こうかな?」と頭を悩ます必要もありません。

  • à acheter (買うもの)
  • à envoyer  (送るもの)
  • à donner (誰かにあげるもの)

などなど、書き出していくと、どんどん出てくると思います。

分からない単語はその都度調べながら。

時間がないときはマーカーで線引いておいて、まとめて辞書で調べるでもアリです。

はじめは、この項目だけフランス語にして目を慣らす!でもいいと思います。

STEP2.自分の興味あることをフランス語でメモする

上述した本では、ある程度フランス語で書くのに慣れてきたら、文章に挑戦する項目が出てきます。

わたしも、途中からフランス語で一言メモをつけるようにしていました。

  • Je veux un sac noir de XXX!(わたしはあのXXXブランドの黒いカバンが欲しい!)
  • C’était amusant, la fête de fille ce soir.(今晩の女子会は楽しかった)

とか。

こうしてフランス語で手帳に日記を書いたおかげで、自分のことを説明するフランス語の語彙や表現が増えました。

それに、自制は半過去なのか過去形なのか?、冠詞(un ・le ・duなど)はどれにすればいいのか?など、

書くたびに日々疑問に思うことが出てくるので、それを今度は「分からないことリスト」にまとめて、後日調べたり、先生に聞いたりしていました。

さらに「誰と=avec~」とか、「どこで=à」を足していったり、「~のために=pour~」や、「~にも関わらず=malgré~」を足していくと、結構長い文章になってきます。

でも手帳って記入スペースがあまり無い!

ので、1~2センテンスでいいのです。

欲張ると続かないので、一日1つの単語または文章をフランス語で書くだけ

これで十分です。

日記ですし、後から見直して、自分が分かれば良いですしね。

STEP3. 目標や夢、気に入った名言をフランス語で記しておく

これは私のアレンジですが、今年の目標や、将来の夢。または、心に響いた格言、本で読んだ一節などを抜き出して、手帳のフリースペースに記入していました。

あわせて読みたい
クリスチャン・ディオールの名言7選をフランス語で読んでみよう せっかくフランス語を勉強するのなら、心に響く名言を読んでみませんか? Quoique vous fassiez, faites-le avec passion. Vivez avec passion. 何をしていたとしても、...

フランス語のことわざなら、本も出ています。

新年に夢や目標を決めるのも、気分が上がりますよね♪

格言のうち、単語が難しいものばかりなら、下の方に単語を書いておいたり、日本語訳と併せて書いておけばいいのです。

最近出版された『私だけのフランス語手帳』という本でも同じように、フランス語を使って手帳を作ろうという内容です。

こちらの本、わたしはまだ手に取ったことがないんですが、説明しているサイトを見ると、自分で可愛く作り込んで、オリジナルの手帳を作るという趣旨のようです。

パリへの旅行計画をフランス語で書く、というのはいいですね!

まとめ

手帳は一年間を通して見返すものだから、フランス語で書くとフランス語に触れる機会も増えますよ!

フランス語を使って、人生を豊かにしていきましょう♪




よかったらシェアしてね!
目次
閉じる