先着1000名「エシレバター」1,000円モニター募集中!!

フランス旅行で使えるフランス語の独学勉強方法

フランス旅行に行くから、フランス語を勉強したい!

フランス語を学習する動機のなかで一番多いのではないでしょうか。

「具体的にいつ、旅行に行くかは決まっていない」

という方でも、

「いつか行きたいから」

「数年先には行くと思うから」

と夢を叶えるためにフランス語を学んでいる方はとても多い印象です。

今回はフランス旅行に使えるフランス語の効率的な勉強方法についてお話してみたいと思います。

目次

【大前提】フランス旅行でどんな会話をするか書き出してみよう

旅行用のフランス語は簡単というイメージがあるかもしれません。

しかし、単語の暗記から疑問形を使った会話など、初心者が全部カンペキにやろうとすると手いっぱいになってしまうことも。

挫折しないためにも勉強する範囲をしぼりましょう。

範囲を絞ったほうが成長を実感でき、手応えも感じやすいのです。

フランス旅行先でやりたいことだけに絞った会話の文章を勉強する

これだけでOKなんです。

フランス語の勉強はあくまで「旅行のため」。

だから文法の勉強なんて、ゼッタイ始めないでくださいね!

フランスでやりたいことを書き出す

旅行先でしたいことリストを書き出ししてみましょう。

  • お店で「ありがとう」と「さようなら」を言いたい
  • カフェでクロワッサンを頼んでみたい
  • 三ツ星レストランで注文して行ってみたい
  • デパートでショッピングしたい
  • タクシーに乗りたい
  • ワイナリーを訪ねたい

など、いろいろあると思います。

そうした「あれしてみたい」「これしたい」をぜんぶリストアップしてみるのです。

リストアップできたら次のステップは、その場面を想像してみましょう。

フランスでやりたいことの場面をイメージする

例として、「三ツ星レストランでひとりで食事をしたい」だとすると、

まず三ツ星レストランに電話やメール予約をするフレーズ、

レストランに着いて自分の名前を名乗るフレーズ、

ウェイターを呼ぶときのフレーズ、

トイレの場所を聞くフレーズ・・・・

などなど、自分がフランス語を話さなければならない場面が出てきますよね。

  1. わたしは~〇〇〇〇という者です。
  2. 〇時に予約をしたいのですが?
  3. すみません、お支払いをお願いします。
  4. お化粧室はどこですか?
  5. このメニューはなんですか?
  6. どのワインがおすすめですか?

こんな文章が想定されるはずです。

これらのフレーズは初心者向けではなく、中級向け。

いきなりすべてを理解しようとするのは無理です。

旅行に使えるフランス語を学ぶには、こうしたワンフレーズの文章の構造と、出てくる単語を覚えること。

そう、暗記なんですが・・・これが結局、近道です。

旅行に使える!おすすめフランス語の参考書(CD付)4選

フランス旅行のためにフランス語を勉強するなら、旅行用の参考書を揃えると無駄がありません。

旅行では「話す(スピーキング)」と「聞く(リスニング)」がメイン。

独学で学ぶならCD付きは必須です。

CDや音声ファイルが付随している参考書をピックアップしました。

1,『パリが楽しくなる! かんたんフランス語』

パリが楽しくなる!かんたんフランス語[本/雑誌] / 荻野雅代/著 桜井道子/著

▼サンプルページ

『パリが楽しくなる! かんたんフランス語』

この本の構成は、旅行中に役立つフランス語の会話と日本語訳、そして発音がカタカナでルビ表記されています。

ちょっとした単語や、違う言い回し方も説明されているのは後々になっても便利です。

発音の音声データはこちらのサイトから、MP3で無料ダウンロードできます。

購入を迷っている方は、音声だけ無料DLして聞いてみてください。

ちなみに、この本の4年前、2013年に同じ著者から出版された『かわいいパリ歩きのフランス語』も人気があります。

ですが唯一、音声が無い!

ので、2冊のどちらにしようか迷っているなら、最新バージョンの『パリが楽しくなる! かんたんフランス語』がおすすめです。

2.『パリが楽しくなる! かんたんフランス語』

パリが楽しくなる!かんたんフランス語[本/雑誌] / 荻野雅代/著 桜井道子/著

どちらも、パリに住む著者2人が書いたもの。

最新の情報が詰まっていますし、写真がキレイなので旅行のアイデアも湧いてきます。

パリに立ち寄らない方も、定番のお買い物やカフェ・レストランなどの会話が入っているので、損にはなりませんよ。

3,『CD付 見て楽しむフランス絵の単語帳』

こちらは「ショッピング」や「街めぐり」「カフェ」や「タクシー」など、旅行で必ず使う単語が1,600語も収録されています。

▼サンプルページ(画像をクリックすると拡大します)

会話集というよりは、あくまでも「単語帳」です。

1.『パリが楽しくなる! かんたんフランス語』や、

3.『NHKスタンダード40フランス語―まるごと覚えよう (NHK CDブック)』と一緒に揃えて、ボキャブラリーの確認をするように使うと効果的。

【中古】単行本(実用) ≪語学≫ CD付)見て楽しむフランス絵の単語帳【中古】afb

イラストがかわいいので、眺めているだけでも旅に出ているような気分になれるのがいいですね。

4,『NHKスタンダード40フランス語―まるごと覚えよう』

こちらは、これまでご紹介した参考書より、もう少し「お勉強モード」です。

旅行で使える表現を、”まるごと覚える”ことを目的とした参考書なので、使用頻度の高い、厳選されたフレーズが載っていてムダがありません。

CDもついているのに、中古本なので、このお値段なのはお買い得ですね。

まったくの入門者だと、もしかしたらCDのスピードが速くてついていくのに必死!という方もいるかもしれません。

その場合は、稲田先生のこの発音本を一緒に揃えると、発音に自信が持てるようになるはずです。

おまけ『フランス語の綴りの読み方ー正しい発音の出発点』

これはザ・旅行用というわけではないので、オマケです。

独学でフランス語を勉強していると必ずぶち当たる、発音の悩み。

これを解消してくれるのが、この『フランス語の綴りの読み方』です。

綴りを読めて、きちんと発音できると、頭に残りやすいですし、相手(フランス人)の言うことも理解できます。

本場に行くなら、正しい発音方法を知っておくと心強いですよね。

まとめ

準備をすればするほど、旅行って楽しいんですよね!

より楽しいフランス旅行にしていきましょう。




よかったらシェアしてね!
目次
閉じる