フランス語のon(主語)|意味や使い方を徹底解説

フランス語のonってどういう意味?
使い方も良く分からないなあ

onは難しいよね・・でもよく使うから
ここでしっかり理解してね!

この記事ではフランス語の【on】について解説します。

フランス語の「on」は主語として使用しますが、大きく分けると「私たち」と「他の人」の2つの意味があります。

ただ、「on」の使い方を細かく見ていくと9種類くらいの意味に分けられてしまうので、辞書によって分類方法がまちまちなんですよね。

また、onの動詞活用は三人称で単数形なのでシンプルですが、形容詞は性数一致したりするのでややこしい!

おかげでフランス語初級者だけでなく、中級レベルになっても「このonは誰なんだ?」と頭を抱えることも少なくありません(汗)。

ぜひこの記事でフランス語の「on」について理解していってくださいね。

タップできる目次

フランス語onとは|2つの意味と注意点を確認!

フランス語のonのポイント
①:「わたしたちが」という意味の主語(人称代名詞)
②:「ほかの人が」という意味の主語(不定代名詞)
③:主語が単数or複数、女性or男性を把握するため、êtreのうしろは性数一致
④:母音のあとはl’onになる

フランス語のonは、ざっくり大きく分けると「私たちが」という意味と、「ほかの人が」という意味の2種類に分けられます。

そして、どんなときでもフランス語の「on」は、いつも主語として使います。

でもケースバイケースで見ると、「私」という意味もあるし、「彼」とか「あなたたち」という意味にもなるんですよ・・・ええーって感じですよね(笑)。

つまり、ときに「私たち」にもなるし「あの人」にもなるし、「誰か」や「みんな」にもなるという、いろんな人に七変化できる主語なんですよね。

誰にでもなれる主語なんだ!
文脈で推測するしかないのかな?

そうね。初心者だと「そのonは誰なんだー!」と思うけど
誰が主語なのか気にしなくていい主語がonとも言える(笑)

onの使い方には、ある程度決まったかたちがあるので、よく使う表現をあらかじめ押さえておくことと、文脈から推測すればだいたいonが誰を指しているか、分かるようになりますよ。

そしてonの属詞は性数一致するのも重要なポイント!

例文で見たほうが早いので、まず会話でよく使われる代表的な「on」の意味と使い方を見ていきましょう。

人称代名詞onの意味①:私たち(口語表現)

人称代名詞としてのonのポイント
・Nousの代わりに会話で使用
・主語が単数or複数、女性or男性を把握するため、êtreのうしろは性数一致

フランス語で「私たち」を表す主語は「nous」ですが、口語表現ではnous」の代わりに「on」を使用するのが一般的です。

ふつうのフランス語会話で「nous」を主語にして会話することは、ほとんどありませんね。

nousを主語にした会話はフォーマルな印象を与えるので、フランスに住んで5年以上経ちますが、仕事やニュース、大統領演説などのシチュエーションくらいでしかnousの動詞活用を聞きませんね。

onを「私たち」として使わず、ときに「私」だけのこともあります。

ここを細かく考え出すと結構キリがないんですが(笑)、とくに「私」でも「私たち」でもどっちでも良い場合はonを使うイメージです。

「私たち」としての使い方:On y va!(オニバ)

On y va(オニヴァ)
行きましょう!

「行こうよ」「さあ行きましょう」、疑問形では「もう行かない?」という意味になる「On y va(オニヴァ)」というフランス語の表現。

このonは、nousの代わり、「私たち」として使われていますよ。

「私たち」としての使い方:On est ~.(オンネ ~)

On est au 3 mars.(オンネ オ トロワ マルス)
今日は3月3日です。

「今日は~です」のように、フランス語で日付をあらわすときは「On est +日付」で表します。

この時も、onの主語としての役割は「nous」の代わりです。

「私たち」としての使い方:Qu’est-ce qu’on mange?(ケス コン モンジュ)

Qu’est-ce qu’on mange ce soir?(ケス コン モンジュ スソワー)
今晩(私たちは)何食べるの?

日本語でも「今日の夜ご飯なにー?」と聞くとき、いちいち「私たちは!」と主張しませんよね。

フランスでも同じく、こうした日常会話では私たちという主語としてonを使います。

「私たち」としての使い方:On est prêt.(オンネ プレ)

On est prêt.(オンネ プレ)
準備できたよ

お出かけ前によく使うフレーズ「On est prêt.」は、「(私たちは)準備できました」という意味になります。

そしてêtre動詞なので、言う人が変わると属詞(prêt)が変わります!

  • 女性:On est prête.(オンネ プレット)
  • 母と娘:On est prêtes.(オンネ プレット)
  • 夫婦:On est prêts.(オンネ プレ)

カタカナ発音では厳しいものがありますが、ニュアンスが伝わるでしょうか。

性数一致させることによって、「誰が」の部分をはっきり明確にさせられるので誰が主語なのか、誤解しにくくなるというわけです。

不定代名詞onの意味②:ほかの人

不定代名詞としてのonのポイント
・意味は「人々は」「誰かが」のいずれか
・être動詞のうしろは数の一致

会話でも書面でも使われる「on」は、不特定の人を主語にした文章で使います。

辞書で見ると「他人」の意味である「on」は何通りも出てくるので混乱しがちなのではないでしょうか。

よく使われるのは、世間一般の「人々みんな」や、不特定の「誰かが」という2つの意味なので、この2通りだけ覚えておけば大丈夫ですよ。

「人々」としての使い方:En France, on aime bien manger.

En France, on aime bien manger.
フランスではみんな食べるのが好きだ

「人々」よりも「みんな」と訳したほうがはまる文章が多いかもしれません。

誰が、というわけではなく世間一般的には、というときに使う主語です。

「人々」としての使い方:On est tous egaux.(オンネ トゥース エゴー)

On est tous egaux.(オンネ トゥース エゴー)
みんな平等である

この「on」を「人々」とするか、「私たち」とするかは微妙なラインですよね。

実際のところ、プチ・ロワイヤルやロベールなどの辞書によると「人々」と解釈された例文として出ています。

まあ「人々みんな」と訳しても、「私たちみんな」と解釈しても、大きく違いはありませんがね。

要注意なのが、属詞は複数になっていることですね。

「人々」としての使い方:On dit que~(オンディ ク)

On dit qu’il est riche.(オンディ キレ リッシュ)
彼ってお金持ちだという噂だよ

「On dit que~」は成句表現になっているので、「人々」とあえて訳さず、「~だという噂だ」と訳すが多いですよね。

でもこれを紐解くと、「人々が+~だと言っている」⇒噂になる

ということなので、不特定の「人々」「みんな」を主語として使っているケースになります。

「誰か」としての使い方:On m’a dit que~(オンマ ディ ク)

On me l’a dit.
誰かからそう聞いたよ

「誰が言ってたか忘れてしまったけど、そう聞いたよ」「誰かがそう言ってたな」という時によく使う表現です。

このときのonは「誰か」という「quelqu’un」の代わり、不定代名詞として使います。

onは母音のあと「l’on」になる

l’onになるフランス語
  • et
  • si
  • ou
  • qui
  • quoi
  • que

母音と母音がぶつかるのを避けるために、母音で終わるフランス語のあとにonを使うときは、「l’」をつけて「l’on(ロン)」と発音します。

ただ、次にLの発音が来るなら、今度はLの発音が連続してしまうので、あえて「l’on」にしないこともあります。

どっちやねん

まあ臨機応変ってことで・・・この辺は自分で言えなくても大丈夫。書いたり聞いたりする時に分かってればOKよ

フランス語のon|読み方と発音は「オン」

▲上の動画2分52秒から「on・en・un」の違いを発音してくれています。

■発音
on:オン

フランス語onの読み方はカタカナ発音で「オン」です。

「ン」をしっかり発音せずに軽~く付け足すようにすれば、カタカナ発音の「オン」はリアルなフランス語発音に近いですよ。

フランス語のonについてまとめ

フランス語のonのポイント
  • 常に主語として使う
  • 「私たち」という意味と「ほかの人」という意味の2種類ある
  • être動詞のときは性数一致に注意
  • 母音のあとはl’onにする

英語で習った「on」とは全く違う使い方をするのがフランス語の「on」です。

onは主語として使うこと、いろんな使い方や解釈の仕方があることなどが分かりましたね。

きっと会話で「nous」を駆使すると動詞の活用がややこしくて大変なので、単数形を使用できるonが台頭してきたんでしょうね。

私も普段なにげなく使っていたonですが、改めて辞書を引いてみると結構わかりにくかったので、この記事でonを使いこなせる方が増えたらいいなと思います。

発音について不安な方は、フランス語スクールで無料体験レッスンを実施中なので一度試してみてくださいね。




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる