ボナペティとは何語?→フランス語です|意味と由来・使い方を紹介!

ボナペティは何語かフランス語の意味と由来・使い方

ボナペティっていったい何語なの?

ボナペティはフランス語ですが、イタリア語の「ボナペティート」にも似ているし、いったい何語なのか混乱してしまいますよね。

この記事では「フランス語のボナペティの意味と使い方」について解説していきます。

タップできる目次

「ボナペティ」のフランス語の意味と使い方

「ボナペティ」の意味は「召し上がれ」や「良い食事を!」です。

「いただきます」と同じように使っているとちょっと間違っているかも・・・?

もし「ボナペティ」とフランス人に言われたら「Merci(メルシー)」または「à toi aussi(ア トワ オッスィ)」と答えましょうね。

ボナペティの由来は中世フランスにさかのぼるので、トリビアもご紹介していきますね!

「Bon appétit(ボナペティ)」の意味とスペル

Bon appétit(ボナペティ)
発音:ボナペティ
意味:召し上がれ・良いお食事を・お食事をお楽しみください etc.

フランス語における「Bon appétit(ボナペティ)」という表現の意味は、「召し上がれ」「良いお食事を」「お食事をお楽しみください」になります。

ポイントは自分に向かって言うのではなく相手のために言う表現なんです。

まずボナペティを直訳してみましょう。

【直訳】「Bon appétit(ボナペティ)」それぞれの単語の意味

Bon(ボン)
発音:ボン
意味:良い

「Bon(ボン)」は「良い」という意味のフランス語です、フランス語学習者はご存知ですよね!

Appétit(アペティ)
発音:アペティ
意味:食欲

「Appétit(アペティ)」は「食欲」という意味の単語です。

「Bon appétit(ボナペティ)」とは直訳すると「良い食欲を」、つまり「よく食べて(消化して)くださいね」という意味になります。

そんなこと言われなくても食べられるよ?

現代は美味しい食べ物がたくさんあるので、食欲が湧かなくてもつい食べすぎてしまいがちです。

なぜ、食事前に「良い食欲を!」なんて声かけをするのでしょうね?

理由は中世フランスにさかのぼります。

「Bon appétit(ボナペティ)」が中世フランスで使用されていた理由

フランス語中上級者はヒアリングに挑戦してみて!

中世フランスではグルメな現代フランスとは違って、まともな食事は出来ませんでした。

冷蔵庫も無いですし、肉魚は頻繁には食べられず、保存できるカチカチのパンをスープにひたして柔らかくして食べる、主なタンパク質をチーズなどの乳製品から摂取していた時代です。

砂糖や塩胡椒などの調味料も高価でしたから、美味しさは二の次だったのでしょうね。

・・・昔は食事がまずかった?

そうなんです、中世時代の庶民は毎日美味しく新鮮な料理を食べられるわけではなかった。

なので、「頑張って食べてね」=「Bon courage」という意味を込めての「Bon appétit(ボナペティ)」=「良い食欲を!」だったんです。

今でもその名残が残っていて、「ボナペティ」と声をかけられたら「Merci(メルシー)」または「à toi aussi(ア トワ オッスィ)」と応えるのが教科書的な模範解答となっています。

参考記事:Bon appétit » : ne faites plus la faute !

Le.figaro

使い方|「Bon appétit(ボナペティ)」を使う場面

「ボナペティ」と言うシーン
  • 食事前に「いただきます」のように使う
  • 他の人が食事をするときに言う
  • ランチタイムやおやつ・夕食時のあいさつとして

基本的には、食卓を囲んだときやご飯を食べる前に「いただきます」と同じように使われることが多いです。

レストランでお皿が目の前に運ばれてきて、サービスの人が「ボナペティ!」と言ってくれることもありますね。

また、ランチタイムで自分は食事が終わったあとでも同僚がランチに行くなら、あいさつとして「Bon appétit(ボナペティ)」と声をかけると親切ですよ。

この場合の意味は「良いランチを」「ランチを楽しんでね」という意味になります。

略して「Bon’App(ボナップ)」とも言う

若者のあいだでは「Bon appétit(ボナペティ)」を略して「Bon App(ボナップ)」または「Bon’App」と言うこともあります。

「Bon App」というお店もあるくらいなので、失礼な言葉ではなく、カジュアルな印象の表現です。

歌手ケイティペリーの曲にもある「Bon Appétit(ボナペティ)」

ケイティ・ペリーは英語話者ですが、わざわざ「Bon Appétit(ボナペティ)」という曲を作るあたり、英語圏でもボナペティは有名なフレーズなんでしょうね。

サビ部分は曲名の「ボナペティ」だけでなく、略称として使われる「ボナップ」もあわせて歌われていましたよ(^-^)。

ボナペティにまつわる色々まとめ

フランスの食事タイムではかならずと言っていいほど交わされる挨拶表現の「ボナペティ」。

日本語の「いただきます」と同じタイミングで使えるフランス語ですが、相手に対して使うことが大きなポイントでした。

昼食時やおやつタイム、夕食時での挨拶としても使用できます。

一日3回は食事を取るので覚えておくと便利な表現ですよ。

>>>食べたあとは「美味しかった!」の表現を言おう!




よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる