先着1000名「エシレバター」1,000円モニター募集中!!

フランス語で美味しいは何て言う?カタカナ発音で通じる14選!

フランス語で「美味しい」という時、いったいどんな風に言えば伝わるのでしょうか?

フランスに5年以上住んでいますが、いちばん良く使うのは「C’est bon(セボン)」です。

「C’est bon(セボン)」を言っておけば間違いありません!

「フランス語の言い回しをもっと知りたい」

「めちゃくちゃ美味しかった!と言いたい」

という方のために「美味しい」にまつわるフランス語をピックアップしました!

全部で14フレーズあるので、これを使い分けられるようになればあなたもフランス語の達人かも?

では早速見てみましょう!

目次

フランス語で「美味しい」は何て言うの?

基本の「おいしい」から、バージョンアップした最上級の表現までご紹介しますね!

1.C’est bon.(セボン)「おいしいです」

基本の「美味しい」という表現が「C’est bon.(セボン)」になります。

とにかく美味しいものを食べているときにこの表現を言えば間違いありません。

レストランや、フランス人の家でご馳走になったときだけでなく、ワインやケーキに対しても使えます。

2.C’est très bon.(セ トレ ボン)「とてもおいしいです」

1の「C’est bon.(セボン)」より上級の言い方が「C’est très bon.(セ トレ ボン)」。

とても=très(トレ)

trèsの発音はちょっと難しくて「トレ」より「トヘ」に近いです。

3.C’est délicieux.(セ デリシュー)「ものすごくおいしいです」

「美味しい」の最上級クラスは「C’est délicieux.(セ デリ シュー)」ですね。

「美味」「旨い」

なお、très(トレ)をつけて「C’est très délicieux」とは言わないので要注意!

※すでに「délicieux」だけで最上級の表現なのでtrèsは使いません。

2の「C’est très bon.(セ トレ ボン)」との違いは、使う場面です。

この「C’est délicieux.(セ デリ シュー)」は、本当に美味しい時にしか使わないので、高級レストランや手料理の”気合いの入った料理や、美味しい素材”に対して使うことが多いです。

ニュアンスとしては、例えばめちゃくちゃ美味しいポテトチップスやインスタントラーメンを見つけたとしても「C’est délicieux」は使わない、という感じで伝わるでしょうか笑。

新鮮なフルーツや野菜、ワインに対しても使うことが多いですね。

4.C’est trop bon.(セ トロ ボン)「おいしすぎます」

こちらも最上級の「美味しすぎる~!」という「C’est trop bon!(セ トロ ボン)」です。

trop(トロ)は「とても=très(トレ)」より更に上を行く強調表現なので

  • 「ほっぺたが落ちる!」
  • 「美味しすぎ!」

という感じになります。

発音は鼻にかかる難しい発音なので、「トレ」とはっきり発音するより「トホ」という感じですね。

5.C’est excellent.(セ エクセロン)「最高に美味しいです」

こちらも最上級クラスの言い方「C’est excellent.(セ エクセロン)」です。

また、味が美味しいというだけでなく

  • 肉の焼き加減
  • ワインの味
  • ソースの味

を評価したい時によく使います。

6.Ce plat est bon(ス プラ エ ボン)「この一皿は美味しいです」

Ce plat(ス プラ)というのは「このひと皿」という意味。

コース料理などで「特にこの料理が美味しい!」と伝えたい時に使えます。

「bon(ボン)」ではなく、2~5にご紹介した

  • très bon(トレ ボン)
  • délicieux(デリシュー)
  • trop bon (トロ ボン)
  • excellent (エクセロン)

を後ろにつけて

Ce plat est tres bon(ス プラ エトレ ボン)
「この一皿はとても美味しいです」

Ce plat est delicieux(ス プラ エ デリシュー
「この一皿はものすごく美味しいです」

Ce plat est trop bon(ス プラ エ トロ ボン)
「この一皿は美味しすぎです」

Ce plat est excellent(ス プラ エ エクセロン)
「この一皿は最高です」

と、応用してもOKです。

フランス語で「美味しそう!」の言い方

フランス語で美味しそう!言い方

レストランで他の人が食べている料理を見て「美味しそうだな~」と思うこと、ありますよね!

場面としては、食べる前に使う表現です。

目の前に美味しそうな料理が運ばれてきたときにも使える「美味しそう!」という表現をご紹介します。

7.Ça à l’air bon.(サ アレー ボン)「美味しそう」

「美味しそう」の基本形です。

料理だけではなく、熟れているフルーツや、生ビールなどのお酒、ショーケースに飾られているパティスリーなどにも使えます。

8.Ça à l’air très bon.(サ アレー トレボン)「とても美味しそう」

とても美味しそう!というときの表現ですね。

どちらかというと、レストランなどの手の込んだ料理などに使います。

9.C’est appetissant.(セ アペティッソン)「とても美味しそう」

appetissant(アペティッソン)=「食欲をそそる」「美味しそうな

8と同じく、美味しそうな食事を前にして「とても美味しそう!」と言いたいときに使えます。

フランス語で「美味しかった」の言い方

レストランでシェフやホールスタッフに「とってもおいしかったです」と伝えたい場面もあると思います。

そんな時に使えるフランス語表現をご紹介しますね。

美味しかったフランス語表現

10.C’était bon.(セテ ボン)「おいしかったです」

レストランだけでなく、カフェやバーベキューなどでも使えるのが「C’était bon.(セテ ボン)」です。

シンプルに「おいしかった!」「ごちそうさまでした」という感じですね。

11.C’était très bon(セテトレ ボン)「とても美味しかったです」

「とても美味しかった!」と言いたい時に使えます。

「ご馳走さまでした」代わりにも使えます。

レストランやお家でご馳走された際に使うと、言われた方も喜んでくれますよ。

12.C’était délicieux(セテ デリシュー)「ものすごく美味しかったです」

  • 「とても美味しかった!」
  • 「すごくおいしかった」

と思うならぜひこの「C’était délicieux(セテ デリシュー)」を言ってくださいね。

家でご馳走を振る舞われたときの褒め言葉にも使えます。

13.C’était trop bon(セテ トロ ボン)「美味しすぎました」

とりわけ美味しかった時はこの「C’était trop bon(セテ トロ ボン)」を使います。

レストランに行ったときや、メイン料理、デザートがほんとうに美味しかったときなどに使うことが多いです。

日常の料理を作っている立場ですが、こんなに褒めてもらえることもないですからね笑。

14.C’était excellent(セテ エクセロン)「最高に美味しかったです」

最上級クラスの褒め言葉です。

レストランなら、味以外にもサービスが良かったり、雰囲気が良いなど総合的に気に入った場合も使えます。

14.C’était parfait(セテ パッフェ)「完璧でした」

こちらも最上級レベルの表現。

レストランですべてのメニューが美味しかったり、最高なサービスだったときには「C’était parfait(セテ パッフェ)」と言います。

まとめ

ここで紹介した表現はどれも日常的によく使われるフレーズです。

「美味しい」と褒めることは失礼になることはないので、安心してネイティブにフランス語で使ってみてくださいね!

フランスに行く予定があれば、使えるフランス語フレーズも要チェック!

正しい発音で言えるようになるにはプロの手を借りるのがやっぱりおすすめ!

ECCオンラインなら入学金なしでおトクです。




よかったらシェアしてね!
目次
閉じる