エクセロンの意味は?フランス語でよく使う表現を紹介

エクセロンの意味フランス語

この記事では「エクセロンの意味」について解説します!

ベイクオフジャパンでよく使われているエクセロンという表現、あれは一体何なのか?!と話題になっているようですね。

結論を言うとエクセロンはフランス語の褒め言葉で「素晴らしい」という意味です。

フランス語のエクセロン
  • つづり:excellent
  • 意味:素晴らしい、とても美味しい、よく出来ました

英語でのエクセレントと同じ語源で、使い方も似ているんですよ。

フランス語ではエクセロンは食事の場面以外でもよく使うので、この記事では様々なシチュエーションでの「エクセロン」の使い方についてご紹介します。

タップできる目次

エクセロンの意味・書き方(フランス語)

では早速エクセロンの書き方から行ってみましょう!

フランス語のエクセロンのつづりは英語と一緒!

エクセロンの書き方

フランス語のつづり:excellent

ここで「おや?」と気づいた方もいるかもしれません。

そう英語でのエクセレントと全く同じ綴りなんですよ。

エクセレントの書き方

英語のつづり:excellent

まったく同じですよね!

このようにフランス語は英語の語源にもなっている言語なので、フランス語を勉強すると知らないうちに英語力もアップして一石二鳥なんですよ。

エクセロンの意味は「美味しい」だけではない

エクセロンの意味
  1. とてもおいしい
  2. よくできました
  3. 素晴らしい

フランス語でエクセロンと言うときは「美味しい!」というときだけでなく、学業の成績を評価したり、仕事の出来がよかったりするときにも使えます。

エクセロンという時は95点以上というイメージですね。

日本語で言うと

  • 申し分ない
  • 素晴らしい
  • 非の打ち所がない

といった、最上級の褒め言葉です。

エクセロンが広まった背景は『ベイクオフジャパン』

フランス語のエクセロンという言葉が急に広まった背景には、アマゾンプライムビデオの料理番組ベイクオフジャパンがきっかけです。

ベイクオフジャパンとは

ベイクオフジャパンとは

アマゾンジャパンが手掛けた初のクッキング・リアリティ番組。
2022年4月22日(金)よりPrime Video(プライム・ビデオ)で日本独占配信中。

審査員:鎧塚俊彦・石川芳美
番組ホスト:坂井真紀・工藤阿須加

なんと審査員がとても豪華で、パティスリー「トシ ヨロイヅカ」のオーナーである鎧塚俊彦さんと、高級クロワッサンやカヌレ専門店「カヌレーヌ」をオープンしているメゾンランドメンヌの石川芳美さんによるジャッジが受けられるんです。

お二人ともフランス・パリで修行を積まれた経験をお持ちなので、自然とフランス語での褒め言葉が出てしまうのかもしれませんね。

ベイクオフジャパンについて世間の評判

Twitter上でベイクオフジャパンでの評判はかなり良さそうです!

まとめると、ベイクオフジャパンは笑いあり涙ありの感動的なリアリティ番組で、料理することの楽しさや好奇心を刺激される内容なんですね。

審査員のお二人はフランスと日本の第一線で活躍中の現役ですし、これまで並々ならぬ努力を積まれてきたはずなので、挑戦者へのコメントも説得力ありますよね。

「ベイクオフジャパン」はアマゾンプライム会員になれば視聴できます。

フランス語のエクセロンまとめ

フランス語のエクセロンという表現を知っておくと何かと便利です。

フランス現地で旅行をするときや、フランス人のシェフまたはパティシエの方にお礼を伝える時にも気軽に使える表現です。

英語のエクセレントと一緒に覚えておくと記憶に残りやすいですよ。

当サイト「フラゴレーヌ」ではフランス語で使える表現や、フランス語学習方法などをご紹介しています。

よかったら他の記事も見てみてくださいね。




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる