2022年の手帳はフランス語で書かれているものを選ぼう

フランス語,手帳,表記

フランス語の手帳ってある?

フランス語が記載されている手帳を探している方向けに、フランス製の手帳をご紹介します。

なお、人気のラデュレの手帳2022年度版は発売されていません。

ラデュレのダイアリーは中古品なら購入できます。

ブックサプライ
¥1,890 (2022/03/11 06:08時点 | 楽天市場調べ)
タップできる目次
  1. クオバディス
  2. ラジェンダモデーヌ

の2点を紹介します。

本皮を使うラジェンダモデーヌは別の会社だったんですが、現在はクオバディス社の傘下に入ったようです。

では早速見ていきましょう!

①クオバディス(Quo Vadis)の手帳

私が購入しているのはクオバディス(Quo Vadis)の手帳です。

クオバディスはフランス産の大定番手帳ブランドですよね。

クオバディス:定番Business ビジネス/クラブ【名入れ可能】

中身は、英語版とフランス語版があるのでご注意を。

表紙のカバーは、気に入った色なら2年連続して使ってもいいですよ。

使い古してボロボロになってきたり、気分を変えたいときは、カラーを変えることもできます。

手帳の中身は、1週間の予定が1時間刻みで書き込めるバーチカルタイプが人気です。

クオバディス:シンプルなマンスリータイプ

クオバディスのマンスリータイプは、書き込み可能なスペースが少ないカレンダー形式のスケジュール帳です。

あまりたくさん書き込みたくない方や、薄くて軽い手帳が欲しい方におすすめ。

クオバディス:エグゼクティブノート

クオバディスのエグゼクティブノートは大きめサイズの手帳。

お仕事が忙しい方や、プライベートの予定や日記をたくさん書き込みたい方におすすめです。

クオヴァディスの手帳はサイズ・カラー展開が豊富なので、自分にぴったりの手帳が見つかりやすいのもポイントですね。

②L’AGENDA MODERNE(ラジェンダ・モデーヌ)の手帳

フランス発のL’AGENDA MODERNE(ラジェンダ・モデーヌ)は、クオバディスのグループブランドで、本革製品をひとつひとつ丁寧に手作りしている職人系老舗のメーカーです。

クオバディスシリーズの高級モデルのレフィルなら、 ラジェンダモデーヌの本革のカバーを体験することができます。

ラジェンダモデーヌの本革カバー対応モデル
  1. クオバディスカバー「クロコ(Croco)」
  2. クオバディスカバー「デュオ(DUO)」
  3. クオバディスカバー「トリオン(Taurillon)」

クロコはカーフレザーにクロコの型押しが施されていてとても上品。

フェミニンなカラーバリエーションですよね。

DUOはもっとビジネスライク。

2色のスプリットレザーでモダンな印象ですよね。

フランスの高級ラグジュアリーブランドでも使用されるトリオンだとこうなります。

雄の仔牛革のフルグレインレザー採用なので、耐久性が高く手に馴染む本革の風合いが心地良さそう。

エレガントな風合いが特徴的です。

中身はクオバディスのレフィルを入れて使用します。

サイズはビジネス、プレステージなど、様々なサイズに対応しているので、まずはクオバディスの中身(レフィル)を先に選んで、そのあとにカバーを選ぶという感じです!

レフィルはフランス語表記のものだと、曜日はLundi, Mardi・・・、月の表記はJANVIER~という感じなので、フランス気分にどっぷり浸かれますよ。

まとめ

フランス語で表記された手帳をご紹介しました。

手帳を使ったフランス語の勉強法はこちら。




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる