フランス語で「いいね」は何て言う?会話表現を紹介!

フランス語で「いいね」は何て言う?会話表現を紹介!

この記事ではフランス語で「いいね」は何て言うのか?ということについて解説します。

Twitterやインスタグラムでフランス人の人から「いいね」がついたときなど、SNSのいいねは「J’aime」と言います。

「J’aime」以外も、「いいね」というフランス語の表現はたくさんありますので、それぞれ見ていきましょう!

タップできる目次

TwitterやFacebookで「いいね」は何ていう?

  • Twitterのいいね:「J’aime」
  • Facebookのいいね:「J’aime」
  • Instagramのいいね:「J’aime」

SNSのいいねはどれも「J’aime(ジェーム)」です。

フランス語で「いいねありがとう」は?

もし「いいねありがとう」と言うなら、「Merci pour vos J’AIME(メルシー プー ヴォジェーム) 」です。

Merci pour vos J’AIME(メルシー プー ヴォジェーム)

また、英語の「like」をそのままフランス語にすることもあります。

Merci pour vos Likes(メルシー プー ヴォライクス)

フランス語で「いいねする」は?

フランス語でSNSの「いいねをする」と表現したい場合は以下です。

いいねする:Je fais J’aime.

いいねした:J’ai fait J’aime.

フランス語「いいね」の会話表現は?基本編

「いいね」という表現は仕事やプライベートをふくめ、会話の中でよく使うので、いくつかシチュエーションによって使い分けられると理想的!

どれも短い文章で覚えやすいので、ぜひ使ってみてくださいね。

①:「いいね(良く出来たね)」C’est bien.(セ ビヤン)

  • 正解です
  • 合っている
  • (練習・仕事などが)良く出来た

仕事などでよく使う「いいね」はこの「セ ビヤン」ですね。

よくできたね、よくできました、という時に使います。

ちょっと上から目線というか、評価するようなニュアンスが含まれています。

②:「いいね!(私は好き、いいと思う)」J’aime bien.(ジェームビヤン)

この「J’aime bien.(ジェームビヤン)」はプライベートでよく使いますよ。

映画とかドラマの話題になったときに「あのドラマいいよね」という風に使ったり、ネイルや口紅のような化粧品の話題になったときは「この色いいかも」というような意味でも使えます。

俳優や知り合いなど、「あの人いいよね」みたいに、人に対してももちろん使えますよ。

もっと具体的に、言うのであれば

  • それいいんじゃない:J’aime bien ça.(ジェームビヤンサ)
  • あの人いいよね:Je l’aime bien.(ジュレームビヤン)

と言ってもOK!

※人に対して使うときは、恋愛感情の「好き」という意味が必ずしも含まれるわけではないので注意!「いい人だよね」「私はきらいじゃないよ」というニュアンスのほうが強いです

③:「超いい!(めちゃ好き)」J’adore!(ジャドー)

「J’aime bien」よりもっと好きというときは「J’adore!(ジャドー)」です。

  • 超好き!
  • 超いいよね!
  • めちゃ好きなんだよね

という意味で、人に対しても使いますし、食べ物や場所、グッズなど、あらゆるものに対して使える表現です。

発音は、ジャドールよりもジャッドーという発音が近いですねえ。

「ジャ」にこぶしを入れる感じで強調すると、感情移入できて伝わりやすいです!

④:「いいね(居心地良い、かっこいい)」C’est cool.(セクール)

見た目がかっこいい、素敵なレストラン、スマートな対応だったときなどによく使います。

辞書には若者言葉ってあるけど、オバサンも使うよね

30~40代は普通に使うね

そうですね、昔の若者だった40代~50代でも使う人はいますね。

ただ、年配の方(60代以上)はあまり使わない言葉です。

失礼にはあたらないけど、よそ行きの言葉ではないので、フォーマルな場面では控えたほうが無難ですね。

⑤:「いい感じだね(似合ってるね)」Ça te va bien.(サトゥヴァビヤン)

  • 服装が似合っている
  • 髪型がいいカンジ
  • 服のサイズがぴったりだね
  • いい彼氏(彼女)だね
  • ぴったりの仕事だね

全体的に「いい感じ」をあらわすのは「Ça te va bien.(サトゥヴァビヤン)」です。

基本的にはファッションのような見た目に使うことが多いんですが、彼氏・彼女のように人に対しても使いますし、良い仕事先を見つけたときに「良かったね」という意味合いでも使います。

⑥:「良さそうだね」Ça a l’air bien.(サーレービヤン)

  • 良さそうなレストランだね
  • いい感じのホテルじゃない
  • 良さげな物件だね

初めて入ったレストランや、宿泊するホテルなど、「ここ良さそうだね」と言う時に使う表現。

「良かった」という過去ではなく、「良さそう、いい感じっぽい」というように、体験する前に使うイメージですね。

⑦:「まあいいんじゃない」C’est pas mal.(セパマル)

この表現フランス人好きですよねー(^_^;)

直訳すると「悪くない」ですが、日本人が思う「悪くない」よりは「結構良い」と思っているときに使うイメージです(笑)。

フランス人ひねくれてるのかな?
なんか上から目線な印象がするけど・・

謙遜して「よく出来た」というときにも使うよ

自分が成果を出して褒められたとき、でもダイレクトに「よく出来たでしょー!」と自分のことを褒めると微妙な場面などで、自分を謙遜して言うときにも使います。

⑧:「いいね(良い考えだね)」Bonne idée!(ボニデー)

  • いい案だね
  • それいいね!
  • そうしよう!

例えばどこに行こうか、何を食べようか、などを考えているときに相手が出した提案に対して「それいいね!」と言うときに使えます。

C’est une bonne idée!(セチュヌ ボニデー)と、文章にして言うこともあります。

フランス語で「いいね」表現|投げやり編

さてこれまではストレートな「いいね」表現をご紹介してきましたが、この章では投げやりな「いいね」、ネガティブ寄りな「いいね」もあるのでご紹介しますね。

①:「別にいいんじゃない(あなたが良ければ)」Si tu veux.(シチュヴー)

これもよく使いますね。

嫌な印象を与えるわけではないけれど、こればっかり言ってると良くないですね。

意見が分かれた時とか自分は乗り気ではないときに使います。

②:「私はいいです、お好きにどうぞ」Comme tu veux.(コムチュヴー)

  • あなたに任せるよ
  • あなたの好きなようにどうぞ
  • 私はなんでもいいです、どうぞ
  • やれば?

これはネガティブな印象があまりないですけど、「私はいいです」「好きにしてください」という意味で使います。

C’est comme tu veux.(セコムチュヴー)とも言いますね。

相手が目上の人だったり、複数人であればtu ではなくvousを使って、Comme vous voulez.(コムヴヴレ)となります。

③:「なんでもいいよ」Ça m’est égal.(サメテギャル)

  • どちらでもいいよ
  • なんでもいいよ
  • どちらでも構わない

どっちがいい?と聞かれた時によく使う表現ですね。

本当にどちらでもいいのであればこの「Ca m’est egal.(サメテギャル)」を使います。

直訳すると「私にはそれは同じ」という意味。

égal(エギャル):等しい|英語ではequal

冷めてギャル?

そうその発音で通じるよ(笑)

④:「どうでもいいよ」Je m’en fiche.(ジュモンフィッシュ)

実際のフランス社会で生活していると必ず聞くのがこの表現。

でもちょっと失礼な表現なので、目上の人、上司や学校の先生などに使ってはいけませんよ(笑)。

呪文フィッシュ?

その発音で通じるけど、発言自体をオススメしないよ

⑤:「知らん」Je m’en fous.(ジュモンフー)

前述の「Je m’en fiche.(ジュモンフィッシュ)」よりももっと失礼な言い方になるのが、この「Je m’en fous.(ジュモンフー)」です。

  • どうでもいい
  • どうだっていい
  • 知ったこっちゃない
  • 知らん
  • 知らねーよ
  • 知るか

というようなニュアンスが含まれている汚フレーズでございます。

これもビジネスや学校で先生などに言ってはいけないですよ~(笑)。

フランス人と喧嘩するとき用に知っておくと便利かも。

知識として、ヒアリングだけ出来るようにしておきましょう。

呪文風(じゅもんふう)?

・・・覚えやすいかもね

フランス語の「いいね」表現まとめ

フランス語のいいね表現をまとめてみましたが、こうして見るとけっこうバリエーションが多かったですね。

SNSで使う「いいね」は「J’aime」ですが、「いいね」という言葉はいろんなシチュエーションとニュアンスで使うということ。

正しい場面で適した「いいね」を使えるようになるのが理想的ですね。

まあ、こればっかりは初心者だとすぐに使えるようになりませんから、あまり気にせずフランス語を聞く経験、場数を踏むことが大事です。

フランス語のYoutube聞き流し音源も今はたくさんネット上にありますし、アウトプットしたくなったらオンラインのフランス語スクールも増えてきていますからね。

私もネス外国語会話のオンラインスクールで手取り足取り教えてもらいつつ、アウトプットしていますが楽しく学べているのでオススメですよ♪

ではまた~!




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる