フランス語のジュヴゾンプリ(je vous en prie)4つ意味を徹底解説!

ジュヴゾンプリの意味フランス語

この記事ではフランス語「ジュヴゾンプリ」の意味についてまとめています。

「Je vous en prie.(ジュヴゾンプリ)」はどういたしましてという意味が有名ですが、それ以外にも4つの意味があるのをご存知でしたか?

バスやホテルなどでよく使う表現なので、フランス語を学習中の方やフランス語圏への旅行・移住を考えている方におすすめの記事ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

タップできる目次

【フランス語】ジュヴゾンプリの意味は4つある!

ジュヴゾンプリの意味
  1. どういたしまして
  2. どうぞ
  3. どうか、お願いですから
  4. 結構です

フランス語のジュヴゾンプリという表現は表現は「どういたしまして」以外に4つの意味があります。

使うシーンや使い方が異なってきますので、それぞれ詳しく見ていきましょう!

意味①「どういたしまして」

ジュヴゾンプリの意味①

Je vous en prie.

  • どういたしまして

フランス語初心者がはじめにジュヴゾンプリを聞くときはお礼の返事、メルシーと言われた時の返しの表現として学びますよね。

いまもなお、フランス現地では「メルシー(Merci)」の返事として一般的によく使われる表現ですし、丁寧な印象を与えるので知らない人や目上の人にもよく使います。

ジュヴゾンプリは正しい発音で覚えておくとフランス旅行などで活躍する表現です。

フランス語でどういたしましてを表す表現は以下の記事で解説していますので気になる方は是非ご覧ください。

意味②「どうぞ」

ジュヴゾンプリの意味②

Je vous en prie.

  • どうぞ

バスや電車のなかで、他人に席や場所をゆずるときに「どうぞ」と言う場面ってありますよね。

たとえばこんな時・・・・

  • 高齢者に席をゆずる時
  • 相手が通れるように入り口を押さえてあげるとき
  • 並んでいたけれど後ろの人に場所をゆずる時

ここで使うのがこのジュヴゾンプリです。

意味③「どうか」「お願いですから」

ジュヴゾンプリの意味②

Je vous en prie.

  • どうか
  • お願いですから
  • すみませんが

何かをお願いしている時に「どうか・・・」「お願い!」すみませーんと押しの一言を付け加えることもあると思います。

  • テーマパークで入場制限だけどなんとか通してもらいたい時
  • 金額交渉で少しでも安くしてもらいたい時
  • 彼(彼女)に振られても相手にすがりたい時

そんな時に使うのもこのジュヴゾンプリです。

なお、親しい間柄であれば、vous(ヴ)ではなくtu(チュ)を使いますので

je t’en prie(ジュトンプリ)

となりますね。

なお、この③の使い方は「s’il vous plaît(シルヴプレ)」と同じように、文末に懇願するような形で使われます。

意味④「結構です」

ジュヴゾンプリの意味③

Je vous en prie.

  • 結構です
  • もういいです
  • やめてください
  • 要りません

ジュヴゾンプリで注意したいのは、婉曲的に断る表現です。

何かを提案された時に、ただ一言ノン!と言うだけでは場が凍りついてしまったり、直接的で相手を傷つけてしまうおそれがある場合、丁寧に断りたい場合などにこのジュヴゾンプリを使います。

「もうやめてくれ」というニュアンスもありますので、初心者のうちはどのニュアンスのジュヴゾンプリなのか相手の表情を見ながら判断するようにしましょう。

【文法】ジュヴゾンプリを構成する単語と動詞

文法解説

Je vous en prie.

わたし+あなたに+en(de~)+動詞prier

ちょっとここでジュヴゾンプリの文法解説をさらっといきます。

ジュヴゾンプリを構成するフランス語の動詞は「prier」で、祈るとか懇願するという意味があります。

ここで使う「prier」という動詞は単独で「祈りを捧げる」という意味ではなく、「何かをしてくれるように+人に+懇願する」という意味を持つ他動詞です。

なので、他人に行動をお願いする=「prier+de 動詞」という形になります。

「en」はde+動詞、つまり動詞句の間接目的語として使うことがありますので、je vous en prie.のなかの「en」には、漠然とした「de faire quelques choses 」が入るという訳になりますね。

む、むずい

ジュヴゾンプリは成句だからね。
細かい解釈はしなくても使えるよ

フランス語|ジュヴゾンプリの意味まとめ

というわけで、大きく分けて四つの意味がある「ジュヴゾンプリ」の意味を解説してまいりました。

「どういたしまして」のジュヴゾンプリ以外は使いこなすのがけっこう難しいなーと筆者も思います。

コツとしては、初心者のうちは「どういたしまして」のジュヴゾンプリを練習!

だんだん覚えてきたら「どうぞ」のジュヴゾンプリをマスターする、といった具合に、順を追って一つずつ使ってみることをお勧めします。

フランス語で「どういたしまして」を言うには、ジュヴゾンプリ以外にもたくさんの表現がありますので、以下の解説記事もご参考くださいね。




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる