9月限定キャンペーン!ECCオンライン1ヶ月受講料20%オフ

ルバーブのフランス語|発音と意味を紹介

フランスのお菓子やデザートに使われることの多いルバーブ。

ルバーブ?リュバーブ?

人によって「ルバーブ」と呼んだり、「リュバーブ」と発音したり、いったいどう発音するのがいいのか悩みますよね。

どちらが正しい呼び方なのか、本記事でまとめます。

目次

ルバーブ|フランス語と英語の正しい綴りと発音

ルバーブのフランス語での呼び方

ルバーブ(フランス語)の綴り:Rhubarbe

フランス語表記だと最後に「e」がつきます。

ルバーブ(フランス語)の発音 :ʁy.baʁb

Rの発音は鼻母音なので、日本語のカタカナで完全にあらわすことができませんが、感覚的には「リュバーブ」に近いですね。

参考までに、フランス語のYouTube動画でルバーブの発音を確認できます。

以下のタルトレシピ動画は、フランス語の速度がちょっと速くて聞き取りにくいですが、何度も「リュバーブ」と発音しているので、ネイティブ発音を確認したい方は視聴してみてください。

ルバーブの英語での呼び方

ルバーブ(英語)の綴り:Rhubarb

フランス語表記とほとんど同じですが、最後の「e」がつかない綴りになっています。

ルバーブ(英語)の発音 : rúːbɑɚb

発音記号を見ると「リュ」ではなく「ル」に近い発音になっていますね。

イギリス英語で「ルバーブ」を言うとどんな発音になるのか、気になる方は以下のYouTube動画を見てみてください。

イギリスのチャンネルによる「ルバーブ」のクランブルレシピ動画で、1分以内に「ルバーブ」について言及していますよ。

まとめ

ルバーブの呼び方に「ルバーブ」「リュバーブ」の2つが混在する理由が分かりましたね!

フランス語でルバーブを呼ぶときは鼻母音で「リュバーブ」。

英語で言うときは「ルバーブ」と言えば通じるはずです。




よかったらシェアしてね!
目次
閉じる