只管音読とは?フランス語学習に取り入れる方法

とにかく黙って音読しなさい、ひたすら朗読しなさい

これは亡き國弘正雄先生が推奨していた「只管音読(しかんおんどく)」です。

声を出して反復して読むことがもっともお金がかからない勉強方法なんだと仰っていました。

この記事では「只管音読」について解説していきます!

タップできる目次

只管音読のやり方

  • 1日数分の音読をひたすら継続する
  • ひとつの教材の音読を完璧にする
  • 教材が音読できるくらいマスターできたら次へいく

只管音読の方法はとてもシンプルです。

難しすぎないフランス語の文章を、ただひすら音読していく。

これだけです。

回数は500回、1000回という回数が目安です。

ポイントは難しすぎない教材を選ぶということと、ぶつ切りではなくストーリーがある文章を選ぶということです。

初心者におすすめなのはNHKラジオの教材が手に入れやすく、価格も安いですよね。

また教材はコロコロ次々に変えていくのではなく、繰り返し同じものを音読することがコツです。

なお、有名なル・モンドのような新聞だと、テーマが専門的だったり語彙や文法的に難易度が高いため、中上級者以上の方が挑戦するのに適しています。

なお、文章をいきなり丸暗記しなくても心配いりません。

ペンキのように薄く塗り重ねていくように、何回も音読していると結果的に暗記できるようになってきた、というのが理想です。

只管音読のメリット

  • お金がかからない
  • いつでもどこでもできる
  • 年齢制限なし

本当にフランス語を喋れるようになりたいなら、単語や短いフレーズを単品でいくら暗記してもムダです。

なぜなら、使う場面が分からなければ、その暗記の努力は無用の長物なんですよね・・・。

その単語やフレーズがどんな文脈で使われるのかというのは、たとえば現地のこどもは実際に生活や会話のなかでたくさん失敗しながら学んでいくものですよね。

「見えない」「聞こえない」「話せない」の三重苦だったヘレン・ケラーも、英語の「water(水)」を「井戸の水を実際に触って」体験しながら学んで行ったわけで、五感を使った感覚でとらえた事象を言語に置き換えて脳の引き出しに入れていったのです。

ですが、フランスで育っていない大人の場合は、感覚としてフランス語をとらえることが難しい。

そこで、フランス語の文脈を一から理解しながらフランス語を学ぶことが結局のところ効率が良いのです。

時間はかかりますし地味ですが、自分でフランス語を発音し、その自分の耳でフランス語を聞き、まるっと感覚で意味をとらえる必要があるのです。

只管音読の効果

只管音読を実践して効果を実感している方は多いです。

只管音読のまとめ

只管音読は英語だけでなくフランス語学習でも非常に有用で王道といえる学習方法です。

とはいえ、まったくの初心者の場合はフランス語の正しい発音方法が分かりませんので、入門時にはネイティブの音声をしっかり学ぶ必要があります。

間違った発音のまま独学を続けていても、時間の無駄すし、あとから修正するのは大変ですからね。

只管音読をするならネイティブ音声とテキストがある教材で訓練するか、ネイティブ教師にフィードバックをもらうのが寄り道をせずにすむのでおすすめです。




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる