先着1000名「エシレバター」1,000円モニター募集中!!

滝川クリステルさんのフランス語レベルは?学習歴20年の筆者が斬る

フリーアナウンサーの滝川クリステルさんのフランス語って上手なの?下手?

気になりますよね。

フランスに住むサイト管理人の私もずっと気になっていたので調べてみました。

※なお管理人は仏検準1級を取得。現在はフランス人夫とフランスに住んでいます。

さて、滝川クリステルさんのフランス語能力は如何ほどなのでしょうか!?

目次

滝川クリステルさんのフランス語って上手なの?通じるの?

滝川クリステルさんがどうやってフランス語を習得したのか。

滝川さんの学習歴をプロフィールから探るとともに、フランス語能力を「発音」と「スピーチ内容」の2つに大きく分けて分析してみました。

ネイティブレベルのフランス語か否か?

上の動画は、滝川クリステルさんが2013年にオリンピック誘致のためにされた「おもてなし」のスピーチ。

いつ見てもキレイですね~。

オリンピックでは第1公用語が英語ではなくフランス語です

オリンピックでの第1公用語は歴史的にフランス語なので、滝川さんも英語とフランス語でスピーチされました。

で、滝川クリステルさんのスピーチを聞いてみてどうだったかというと・・・

正直言って、ものすごく上手い発音です。

数カ月間で特訓して身につけたのでは?という下馬評もありましたが、この発音は、数ヶ月間の付け焼き刃では太刀打ちできません。

ですが、ネイティブと同じ発音ではありません・・・。

フランス生まれフランス育ちのネイティブ発音とは異なる

生粋のフランス語ネイティブの方が聞いたら、

「この人はフランス育ちじゃないだろうけどフラ語上手だね!努力したんだろう、すごいね!」と思うレベルです。

でも、

「日仏ハーフなのにネイティブレベルじゃないの?じゃあ大したことないね」

って思われたなら、それは大間違い!

なぜなら、ネイティブとまったく同じ発音にするためには、聴覚の臨界期である幼少期(3歳~7歳)に訓練しないと難しいのです。

言語の習得は11歳までとする説もありますが、いずれにしても早いに越したことはありません。

滝川クリステルさんはフランス語をいつから学んだのでしょうか?

独学?滝川クリステルさんのフランス語勉強方法は?

  • 神戸市立北野小学校
  • 世田谷区立砧中学校
  • 東京都立青山高等学校
  • 青山学院大学文学部フランス文学科

滝川クリステルさんのプロフィールを拝見すると、生まれはパリ。

3歳のときに日本へお引っ越しされ、その後日本で学業を修めています。

滝川クリステルさんの経歴・学歴

滝川クリステルさんの思考のベースとなる母国語は恐らく日本語です。

特筆すべきは、小学校6年生のときに一年間だけご家族でフランスへ滞在歴があるということ。

この時フランス人だらけのフランス現地校に入り、フランス式教育を1年間受けています。

当時はフランス語が苦手とのことでしたが、友人との会話や授業もフランス語オンリー。

このフランス移住時に語学力が伸びて自信がついたようですし、メンタル面も鍛えられたのだと思います。

またこの時期に「父とは必ずフランス語で会話する」ことをルールとしたとのこと。

・・・ということは、恐らくお父様が日本語堪能で、それまで日本では父親であるお父様との会話は日本語だったということ。

耳の臨界期である幼少期からフランス語会話を特訓してきたわけではないので、「発音がネイティブとなんか違う」ということになるのだと思います。

ですが、12歳でたった1年間で、現地の同級生レベルまで引き上げたのは本当に大したもの。

かわいらしい見た目によらず、負けず嫌いでないと到達できないでしょうし忍耐力もありそうですよね。

滝クリのフランス語、どんなところが上手いの?

滝川クリステルさんのフランス語は結局どこが上手なの?

ということですが、

私が上手だと思ったのは以下3つ。

  • Rの発音
  • リエゾン
  • 強調するイントネーション

フランス語ってR(エール)の発音が鼻にかかったような発音をするんですが、滝川さんはごく自然です。

強調のイントネーションや、流れるようなリエゾンもすごくナチュラル。

滝川さんが長年生きたフランス語を聞いているからこその賜物ですよね。

やっぱりフランス現地校に通った経験や、お父様方のご家族がネイティブのフランス人なだけあって、本物のフランス語を聞き慣れているなと感じました。

しかも、このレベルの発音を大人になってもキープし続けるのも、たやすいことではありません。

ただ、「ネイティブとなんか違う」というポイントは

  1. 舌の動かし方
  2. 声の出し方

この2点ですね。

これを大人になってから身につけられる人は、元々の耳がかなり良いか、学習開始時に徹底的に発音を訓練した方しかいないと思います。

▼皇室のあの方もフランス語が上手

\フランス語教室 無料カウンセリング/

スピーチ内容について

スピーチ内容も今一度見てみましたが、すごく完成度の高い文章です。

きっと文法は識者の校閲チェックも入っていると思いますし、文法ミスなどなく、もちろん完璧なんですが、単語の選び方がオリンピックのスピーチという場面にぴったりで秀逸だなと。

平易な、誰にでも伝わるような単語や表現を使われているんですよね。

なので、小難しくないですし、逆に”頭が悪そう”ということもありません。

でも文法表現は、中級者では太刀打ちできない表現力です。

フランス語原文はこちらです。

Nous vous offrirons un accueil vraiment unique.

En japonais, il est possible de le décrire avec un seul mot : o-mo-te-na-shi.

L’omotenashi, c’est un sens profond de l’hospitalité, généreux et désintéressé…

Qui remonte à l’époque de nos ancêtres…

Et qui est depuis resté ancré dans la culture ultra-moderne du Japon.

Cet « Omotenashi » explique pourquoi les Japonais prennent autant soin les uns des autres, de la même façon qu’ils prennent soin de leurs invités.

Laissez-moi vous donner un exemple.

Si vous perdez quelque chose, vous êtes presque sûrs de le retrouver.

Même de l’argent liquide.

Rien que l’année dernière, plus de 30 millions de dollars en cash ont été rapportés à la police de Tokyo.

D’après un récent sondage portant sur l’avis de soixante-quinze mille voyageurs, Tokyo est la ville la plus sûre du monde.

Ils ont également élu Tokyo numéro 1 :

• Pour la qualité de ses transports publics

• Et pour la propreté de ses rues. Tokyo est aussi considéré comme ayant les chauffeurs de taxis les plus sympathiques du monde.

Vous ressentirez cette qualité de vie dans tous les quartiers.

Vous allez découvrir notre culture traditionnelle…

Vous pourrez profiter des plus belles boutiques et des meilleurs restaurants, dans la ville qui compte le plus d’étoiles Michelin au monde.

Tout cela, réuni dans un paysage urbain futuriste.

Le quartier d’Odaiba, où je travaille, est le centre de notre vision pour des Jeux parfaitement intégrés au centre-ville… les premiers Jeux en plein cœur d’une métropole…

Pour que la culture et le sport s’unissent de manière unique.

Des parcours pour les fans, des live sites et des animations ouvertes à tous relieront les nombreux sites des Jeux…

Créant une ambiance incroyable… et laissant à tous les visiteurs, des souvenirs pour la vie…

日本語原文はこちら。

東京は、皆様を私どもでしかできない唯一のお迎え方をします。
日本語ではそれをたった一言で表現します。
「お・も・て・な・し」。
それは、訪れる人を心から慈しみお迎えするという深い意味があります。
先祖代々受け継がれてまいりました。
以来、現代日本の先端文化にもしっかりと根付いているのです。
そのおもてなしの心があるからこそ、日本人がこれほどまでに互いを思いやり、客人に心配りをするのです。
一例を挙げてみましょう。
もし皆様が何か落し物をしても、きっとそれは戻ってきます。
お金の入ったお財布でも、昨年1年間だけでも3000万ドル以上も現金が落し物として警察に届けられました。
世界各国の旅行者7万5000人への最新のアンケートでも東京は世界一安全な街とされました。
世界一しっかりしている公共交通機関
清潔な街
世界一親切なタクシーの運転手さん
きっと東京すべての地域でこのクオリティ・オブ・ライフを感じるでしょう。
私達の伝統的な文化を見出すでしょう。
東京では、ミシュランガイドでは星の数が世界一多い素晴らしいレストランの数々を体験できます。
それらすべては、未来を感じられる街を彩っています。
私が働くお台場は大都心の中心における、初めてのオリンピックにふさわしい街。
文化とスポーツがユニークなかたちで響き合うために、オリンピックの会場から会場はファンが歩くための遊歩道が整備されますし、そこではライブや、誰でも参加できる無料のイベントが開催され、夢のような雰囲気を作り上げます。
そして訪れたすべての方に、生涯忘れられない素敵な思い出を残すことでしょう。

2021年東京オリンピックがまさか無観客で行われるとは思いも寄らなかった頃ですね・・・。

まとめ:滝川クリステルさんのフランス語力は上級者レベル

滝川クリステルさんのフランス語レベルはかなり高い!ということがお分かり頂けたでしょうか。

オリンピックのスピーチはフランス人ネイティブとやり取りするわけではないので、上級者か通訳者レベルかというとちょっと分かりかねますが、12歳でフランス現地校の授業について行けたということで、上級者レベルなのは間違いありません。

ネイティブと日本人のハーフだからといって、日本語と外国語が何もしないで上手に話せるというわけではないんですよね。

バイリンガルになるのは長年の努力があってこその賜物です。

「ハーフだから語学が出来るんでしょ」という意見は、ハーフで地道な努力を続けてきた人に失礼なんですが、それは当事者にならないと分からない深い溝です。

このフランス語運用能力から、滝川クリステルさんご本人が相当な継続力をもって、たゆまない努力をされたということがわかる、そんな動画でした。

【あわせて読みたい】




よかったらシェアしてね!
目次
閉じる