欧明社が閉店!その理由と世間の声は?フランス語書籍を購入できる本屋も併せて紹介

欧明社閉店の理由

ちょっと!欧明社が閉店だって!

東京の飯田橋にあるフランス語書籍専門店「欧明社」が2022年2月末を持って閉店するというニュースが発表されました。

2022年2月末をもって閉店いたします。

長い間の皆様のご愛顧に感謝いたします。

欧明社HP

欧明社閉店の理由は、フランス語教材需要の減少とコロナによる影響だそうです。

今は電子書籍も多く、Kindleや楽天Koboで本を読むことも多いですし、Audibleのように耳から聞くコンテンツも豊富ですもんね・・・。

とはいえ、紙の書籍のほうが好きという人も多いはず!

この記事では欧明社の閉店に関する情報と共に、フランス語の書籍(小説・漫画・雑誌など)を購入できるお店もまとめましたので、もしフランス語の洋書を探している方は参考にしてくださいね。

タップできる目次

欧明社閉店の理由は大学授業オンライン化やフランス語学習者減少

欧明社閉店の原因は大きく分けて3つあります。

欧明社の奥山社長自身が述べている閉店の理由は以下の2点です。

  1. 大学授業のオンライン化が進んだから
  2. フランス語学習者が減少していたから

また、ほかにも考えられる閉店の理由がありますので見ていきましょう!

欧明社閉店の理由①大学授業のオンライン化が進んだから

新型コロナの感染拡大に伴って大学授業のオンライン化が進んだ影響で、主力の語学教材の売り上げが減少、経営が悪化する前に閉店を決めた

ヤフーニュース

なぜ欧明社が2022年新年早々に閉店のニュースを発表したのか、それは新型コロナの感染拡大が収束しなかったからです。

2021年後半には終息するかと思われていた新型コロナですが、2022年にはまた新しい種類も出てきており、各大学の対面授業がいっこうに始まらないため、書籍としての教材の売上が低迷したことが原因のようです。

大学は対面授業を再開してほしいよね

欧明社閉店の理由②フランス語学地方の方に習者が減少していたから

欧明社店主の奥山由紀夫さん(69)は「長い間のご愛顧に感謝している。フランス語学習者が年々減少していた上、コロナの影響が大きかった」と説明している。

ヤフーニュース

欧明社は1947年創業なので、戦後に比べるとたしかにフランス語学習者は減少しているのかもしれません。

戦後から1970年代はフランス文学(サルトル・ボーヴォワール・プルースト・カミュなど)やフランス映画が全盛期!

一種のブームだったこともあって、現在よりもフランスへの注目度も高かったのだと思われます。

また、日本人の人口が減少していくことや、電子書籍の台頭、英語の重要性が増す国際社会、ユーロ高で輸入難、フランス人留学生の減少などに加え、昨今のコロナが大打撃を加えたのかもしれません。

欧明社閉店の理由③ユーロ高、書籍の高騰など物価の変動

上のTwitter投稿主さんの意見もそのとおりで、現代と昔では物価が違うということも大きな要因かもしれません。

ユーロ高なので輸入しても利益が薄いこと、そして日本での物価が上がっていること。

だって40~50年前に一番安い娯楽は読書でしたからね・・・。

そもそも個人で営業している書店はみんな不況だもんね。
時代の移り変わりとはいえ、悲しい・・他のみんなは欧明社閉店のニュースを聞いてどう感じたんだろう?

欧明社の閉店のニュースを聞いた人々の声まとめ

欧明社の閉店に関しては、フランス愛好者やフランス語学習者だけでなく、出版業界や翻訳業界、音楽関係者などさまざまな方面から惜別の声が多く挙がりました。

「地球の歩き方」編集部スタッフが閉店前に駆けつけたという声

オフィス・ギアさんは『地球の歩き方 フランス』など、フランスのガイドブックや書籍を制作している編集プロダクションです。

きっと欧明社閉店前にご挨拶も兼ねて書籍を購入されたのでしょうね。

欧明社閉店前に何度も訪れ書籍を購入されたフランス愛好者

「今週も爆買い」とのことで、閉店のお知らせを受けたあとに欧明社を何度か訪れている方が多いようです。

店内は欧明社ファンの方で大混雑だったようです。

フランス滞在歴のある音楽業界の方も閉店前に来訪

フランス滞在歴がある方は「日本にいてもフランスの雰囲気を味わいたい」という理由で欧明社に訪れて居た人も多いようですね。

フランス好きのパワースポット的存在がなくなってしまうのは本当に悲しいですよね・・・。

村上靖彦大学教授は「フランス文化の地位が下がった」とコメント

村上靖彦氏はパリ第7大学で基礎精神病理学・精神分析学の博士号を取得し、専門の著書も多数ある大阪大学教授です。

リベラシオン紙による欧明社取材記事を引用し「30年前と比べてフランス文化の地位が下がっている」とのコメントを出されました。

たしかに30年前である1990年代では、現在と比べて中国・韓国・インドなどのアジア諸国が注目されることはあまりなく、フランス文化の地位は今より高かったかもしれません。

カリン西村さんによるフランス新聞リベラシオンでも欧明社閉店について特集掲載

こちらが欧明社閉店に関するリベラシオン紙取材記事です。

写真左側が「欧明社」と奥山社長、右側は1968年設立の東京・神保町にあったミニシアター「岩波ホール」と支配人です。

執筆者はじゃんぽ~る西さんの奥さんであるカリン西村さん。

いずれもエンターテインメント業界はオンラインが充実し、コロナ禍が打撃になったということですね。

店長やスタッフがとても親切だったという口コミ

欧明社は戦後間もなくからスタートしてここまで続いて来れた大きな理由のひとつは、店長をはじめ、スタッフの皆さんがとても親切だったからということ。

かの川端康成も来店したことのある歴史ある場所なだけに、このまま閉店してしまうのが残念でなりません。

雑誌「ふらんす」2022年2月号では欧明社特集を企画

白水社から刊行されている雑誌「ふらんす」は、2022年2月号(2022年1月23日発売)で欧明社特集を実施しています。

特集の一部はじゃんぽ~る西さんによる「欧明社の本棚からー原書にチャレンジ」なども!

この「ふらんす」2月号はプレミアがつく予感・・・

楽天ブックス
¥760 (2022/01/30 00:23時点 | 楽天市場調べ)

欧明社はさいごに閉店セールを実施

欧明社の閉店セールが開催されていたよ

割引率は一部の洋書で20%オフ。

欧明社で最後にフランス語書籍を買いたい人が駆けつけて連日賑わっていたようです。

【閉店】欧明社の所在地・アクセス・営業時間

欧明社は東京に3店舗ありました。

閉店前の住所は以下です。

2022年現在欧明社は営業していませんのでご注意ください

【閉店】欧明社本店の住所・アクセス

住所東京都千代田区富士見2丁目3−4
最寄り駅飯田橋駅から徒歩5分
営業時間10h-18h
土曜日のみ10h-17h30
定休日日曜




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる